創業補助金の事業完了予定日とは?

創業補助金の申し込みで事業完了予定日を記載しなければなりません。

この、事業完了予定日の定義が曖昧で、何を以て事業を完了とするのか定かではなく、個人で勝手に決めることになります。

最初に売上が計上された日・・・
営業を開始する準備が整った日・・・
補助対象経費を使い果たすだろうと予想する日・・・

freedom.

ちなみに私はシステムの完成予定日を記載しました。
そのため東京事務局で1番早い完了事業となってしまいましたが。

そのせいか、今回事務局でちょっと問題になり、事業完了報告書で補助対象事業の状況を報告して欲しいと言われました。
補助金を使ってどのような売上が上がって、クライアントはどれくらい獲得して・・・みたいな報告。
しかし、私の事業完了はシステム完成日であり、売上など計上されるのはまだまだ先の話ですよと伝えたところ、事務局として事業完了予定日を延ばしてもらうことになるかもしれません的な事を言われました。

だったら最初から事業完了予定日の定義にそう書いとけと思いましたが、逆らっても言いことないので事務局側がそうおっしゃるなら従いますと回答してました。

結局、1週間ほど事務局内で審議したそうですが、特に売上が上がってなくても構いませんとのこと。
まぁ、初めての制度で前例がないのでバタバタするのはわかるが、妙ないちゃもんはつけないで欲しいです。

最終的にこの経費は認められないとか言われそうだな。



IT・通信業 ブログランキングへ