金融機関の選定

足立区からあっせん書を受け取るときに融資を申し込む金融機関を選択しなければいけません。

そのため、色々な金融機関を回って金利や担当者の対応などを吟味する必要があります。
今回は銀行は止めて信用金庫に絞って訪問しました。
半沢さんの会社も銀行に裏切られ信用金庫に助けられてましたからね。

私も同じ気持ちです。

東日本銀行さんに反旗を翻されたのでもう銀行はノーサンキューです。
足立区の産業センターでも信用金庫でも東日本さんにされた仕打ちを話すとみなさん驚きの表情でした。

港区の制度融資のあっせんで返済猶予が1年となったのですが、東日本銀行さんの条件は支払猶予はなし。
補助金も銀行で管理する、みたいな感じで上から目線の条件を突き付けられました。

この部分が信じられないみたいです。



制度融資で決定した返済期間や返済方法は通常そのままの形で融資を実行するそうです。
もちろん保証協会の絡みで減額等はあるとしても。

結局本店所在地の問題で東日本銀行さんには門前払いされ、自宅を本店所在地にするから近くの支店を紹介してくれと言ったのに紹介すらしてもらえませんでした。

その対応に比べ信用金庫の方は総じて対応がいいです。
金貸しのオーラがあまりない。
やはり銀行とは違いますね。

そういえば昔、芝信用金庫に営業に行った時も対応がよかった。

創業補助金で使用する金融機関は信用金庫がいいと思います。
これから創業補助金で金融機関の同意が必要な方いらっしゃいましたら一報ください。

ご紹介いたします。



IT・通信業 ブログランキングへ