創業補助金 自宅兼事務所の取扱い

創業補助金では自宅をオフィスとして利用している場合、その家賃も補助対象になります。
私も自宅のPCデスクスペースを仕事に使用したものとして申請しました。

しかし、残念ながら認められませんでした。

どうやらきちんと仕切られてないと認められないそうです。

創業補助金の趣旨は、起業家を増やそうと小口の補助を行うというもので、200万くらいの補助金の規模だと普通は一人で会社を作り、自宅をオフィスとして開業するのが一般的だと思います。

しかも都内に住んでる人は普通は1Rの部屋を借りてます。

その1Rで仕切りをしろというのはあまりにナンセンスではないでしょうか。

国の方針だと思うので補助を受けるためには従わなければなりませんが、なんだかなぁと思います。

飲食店などは店舗をもつのでわかりやすと思いますが、WEB系のサービスは店舗は必要とせず、インターネットとPCさえあれば仕事が出来ます。
WEB系の会社だとこの創業補助金は使い勝手が悪かったかもしれません。

まぁ、そもそもWEBの仕事は人件費もしくは外注費が主な支出になるので、外注費の1/2要件というのも使い勝手が悪かったかなと思います。

それでもシステム費用の一部が補助されるのはありがたいこと。



IT・通信業 ブログランキングへ