CUBE型プロジェクター【Smart Beam Laser】とIphoneを繋げて映像はプロジェクター、音声は外付けスピーカーと別々に出力する方法

ピント合わせ不要、手のひらサイズのCUBE型、無線接続もできる画期的な新製品『Smart Beam Laser』を買ってみました。

【『Smart Beam Laser』の特徴】
●レーザー投写のオートフォーカスでピント合わせが不要
●一辺5.5cmの小さなキューブ型で、重さはわずか195g
●バッテリー内蔵で約2時間使用可能で、しかもUSB充電式
●Wi-Fi(無線)接続で、スマホの画面をミラーリングで映せる
●ケーブル接続でノートパソコンの画面を投写できる
●AV機器とも繋がって大画面で映像を楽しめる

使用した感想

【画質・明るさ】
レーザー光源とのことでピント合わせの機能がないです。
自然にピントが合います。

明るい部屋だと近くに投影しないとボヤケてしまい何の映像かわかりません。
部屋を暗くすると、壁一面に投影しても綺麗に見ることが出来ます。

【大きさ・重さ】
5.5cmのキューブ型で、実際手にしてみると感動するくらい小さくて軽いです。
稼働時の音はプロジェクターならではの音が多少気になります。

【電源・バッテリー】
電源は5V3AのUSB電源アダプターが付いてきます。
USBケーブルもついてきますが、ガジェットを買う度に増えるので必要ないとは思いますね。

2時間程度使用できるとのことですが、ちょこちょこ使用してもバッテリーがあまり減っていなかったです。

【HDMI通常使用】
HDMIは、MHL対応のmicroタイプで、普通売っているmicro HDMIケーブルで使えます。
スピーカーが内蔵されており室内では十分な音量だとは思いますが、外だと心もとない感じ。

【無線LAN機能】
Miracasst、AirPlayを切り替えて使います。
切り替えには電源ボタンを二回クリックします。

【全体的に】
この商品は素晴らしいのですが、HDMIでも無線LANでも音量と映像が転送されます。
内蔵スピーカーなので音量は心もとない。

映像はプロジェクター、音声は外付けスピーカーで利用出来ないか色々と実験しました。

揃えたもの

Apple Lightning – Digital AVアダプタ MD826AM/A
Tendak 1080P HDMI→AV(3RCA/CVBS)コンバーター+オーディオToslink SPDIF同軸音声分離 PAL/NTSC対応 USB電源ケーブル付きPC Laptop Xbox PS4 PS3 TV STB VHS VCR カメラ DVD
MacLab. Micro HDMI ( Dタイプ ) – HDMI (Aタイプ) 変換 ケーブル 3m ブラック 細線タイプ ver,1.4 【相性保証付き】
HORIC ハイスピードHDMIケーブル 1.5m ゴールド 4K/60p 3D HEC ARC リンク機能 HDM15-891GD
アメリカVers Audio 1Q木製Bluetoothスピーカー/ウォルナット【iPhone、iPad、Android搭載スマートフォン対応】

このスピーカーはアメリカのアマゾンで購入しました。
売り手側のミスだと思いますが奇跡的な値段で買えました。

スクリーンショット 2016-06-29 20.39.36

上記全部を繋いだらこんな感じになりました。

IMG_20160630_202926

実験の結果

無事映像はプロジェクター、音声は外付けのスピーカーから出力することに成功!!

wifiのairplayで接続すると4Gでネットの映像は投影できるのですが、何故かYouTubeを流すと接続が切れてしまいました。
この方法だとYouTubeも流すことができたので今のところ最高の組み合わせかと思います。

コードが邪魔というのが唯一の欠点です。



IT・通信業 ブログランキングへ