司法書士

司法書士(しほうしょし)とは、登記、供託及び訴訟等に関する手続の適正かつ円滑な実施に資し、もつて国民の権利の保護に寄与する事を目的とする職業、またはその資格者である。(司法書士法1条)

概要

司法書士は、他人の依頼を受けて、登記・供託手続きの代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成等を業とする。 また法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所が管轄する民事事件の代理を業とする。

業務内容

  • 登記または供託に関する手続きについての代理
所有権移転登記
法人設立登記など
  • 法務局に提出する書類の作成
所有権移転登記
法人設立登記など
  • 裁判所または検察庁に提出する書類の作成
自己破産申請書類作成
訴状作成など
  • 簡易裁判所における訴訟代理等
民事に関する紛争(簡易裁判所の対象となるものに限る)であって紛争の目的の価額が140万円を超えないものについて相談に応じ、または裁判外の和解について代理することが出来る。

資格

受験資格:なし
平均学習時間:4,000時間
受験科目及び受験形式
【多肢選択式】   憲法・民法・刑法・商法
【多肢選択式】   民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・司法書士法・供託法・不動産登記法・商業登記法
  【記述式】   不動産登記法・商業登記法
 【口述試験】   司法書士業務を行うのに必要な知識

年収

300万~3,000万

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.