弁護士

弁護士(べんごし)とは、一般に、依頼を受けて法律事務を処理することを職務とする専門職であり、その具体的なあり方(呼称や職務範囲など)は、時代と法域によってさまざまである。

概要

弁護士は、裁判官、検察官とともに、法曹三者の一つであり法律実務家である。そして、裁判官と検察官とが公務員であるのに対し、弁護士は在野法曹と称される。すなわち、弁護士とは、依頼者のために民事・刑事の訴訟に関して活動し、その他一般の法律事務を行い、かつ裁判の適正を確保するための専門的職業にある者である。

業務内容

  • 法律相談
法律に関する様々な事柄についての助言を行います。
お金の貸し借り,不動産に関する紛争,離婚・相続などの問題,会社の法律問題,交通事故や学校事故などの各種の事故,多重債務(任意整理や自己破産,民事再生など),労働問題,職場や近隣などとのトラブル,刑事事件に関するもの等々です。
  • 法律事務
取引相手や顧客らと弁護士を介しての交渉が必要になったときに、会社の窓口・代理人となって交渉に当たり、解決を試みます
  • 契約書などの作成
合意した内容を法的に取り決めた書面を作成します。
また,会社や個人が取引などを行っていく際に,自らに不利益な内容にならないよう,また紛争を未然に防止できるよう,専門家としての見地から契約書を作成します。
  • 刑事事件の弁護人
犯罪を犯したとして警察に逮捕された場合,本人や家族は弁護士を選任することができます。弁護士は,被疑者の弁護人として,身柄を拘束されている被疑者に面会したりして,被疑者のために弁護活動を行います。

資格

受験資格:なし
平均学習時間:8,000時間
受験科目:短答3科目、論文5科目
受験形式:短答択一式、論文論述式及び口述式

年収

平均年収:642万円
平均月収:51万円
平均時給:3,025円

]


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.