税理士

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める国家資格であり、税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。
徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。

概要

税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とするとされ(同法1条)、業務として、他人の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う。
「税理士となる資格を有する者」としては、税理士試験に合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務した国税従事者(いわゆる税務署職員天下りとしての資格)、公認会計士、弁護士があり、税理士名簿への登録を受けることによって「税理士」となり、税務をおこなうことができる(同法3条1項)。

業務内容

  • 税務申告業務
法人税・所得税の確定申告書作成及び提出
消費税及び地方消費税の確定申告書作成及び提出
相続税・贈与税の確定申告書作成及び提出
  • 税務相談業務
税の申告納税に関する各種相談
  • 会計業務
記帳代行
巡回監査
決算書作成
  • その他の業務
業務に付随する範囲において社会保険労務士業務の一部をなすことができる(社会保険労務士法27条・同施行令2条)。
行政書士登録を受ければ行政書士となることができる。(行政書士法2条)
経営計画作成指導

資格

受験資格(主なもの):
(1)大学または短大の卒業者(法律学または経済学に属する科目を履修している者)
(2)大学3年次以上の者(法律学または経済学に属する科目を履修している者。ただし、取得単位制限あり)
(3)専修学校の専門課程(いわゆる専門学校)修了者で法律学又は経済学に属する科目を履修している者
(4)日商簿記1級、または、全経簿記上級の合格者
(5)実務経験者(業務従事期間3年以上) 他
平均学習時間:5,000時間
受験科目:11科目(5科目で合格)
受験形式:論文式及び計算式

年収

平均年収:713万円
平均月収:50万円

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.