そんなに融資は甘くない?

創業補助金に採択されたものの、まだ決定通知が送られてこない。
資金繰りに困ると大変なので最初は潤沢な資金があった方がいいと思い、政策金融公庫の経営力強化資金という制度の創業融資と区の制度融資に申し込んでます。

政策金融公庫は問題なく実行されるだろうと高を括っていたのですが、制度融資を申請しているということで金融機関との協調融資となり、金融機関の出方を待つとのこと・・・。

まぁ・・・確かに、金融機関の融資が断られれば計画自体が狂うので公庫側としても融資がし難くなる、というのは分かる。
そうは言っても相当余裕を持った計画にしたので、資金ショートする可能性は極めて低い。

だったら最初っから公庫のみから借りる計画にしておけばよかった。
それでも全然やっていけるのに・・・・。



申請してしまったものはしょうがないので制度融資を全力で乗り切ろう。
区の面接官曰く、創業融資の実行割合は40%程度とのこと。
しかし、創業補助金での利用はまだないらしいので、その統計はわからないみたいです。

けど、補助金に採択されても、その程度の割合でしか融資が実行されなかったらせっかくの補助金制度の趣旨が損なわれてしまいます。


IT・通信業 ブログランキングへ